歓声で目が覚めました。

朝、突然歓声がして、目を覚ましました。何事かと思い、慌ててリビングに向かうと、私にも気づかず、テレビを見ている家族がいました。

テレビの画面には喜びを爆発させながら表彰台に上がる五人の姿。「男子団体 3大会ぶりの金メダル」。その日のニュースはそれで持ちきりでした。何度もワイドショーで見てはじわじわと興奮してきました。それでも、朝から叫ぶのはやめていただきたい…。

柔道の躍進にも注目していました。体重によって階級が定められているにもかかわらず、明らかに体格差という物があって、それでも外国人選手に立ち向かっていく日本人選手には、東京五輪への期待を抱かされました。

忘れてはいけないのが陸上です。昨日初めて見たのですが、ユニホームのサンライズレッド、サーモンピンクみたいじゃありません?

本当にすごいと感じる
今回のリオのオリンピックは、本当に感激しっぱなしです。

特に期待もせずに見ていたのですが、日本人選手の活躍に心を打たれました。

どんだけの思いで4年間打ち込んでこられたのかとか、1戦1戦にかける思いがテレビを通してもひしひしと伝わってきます。また、自分と同世代の方が世界で活躍されているところを見ると、「私はこのままでいいのか?」と疑問を持ってしまうほど、何か突き動かされるものを感じています。

これだけのメダルラッシュを見ていると見ているこちらとしても気持ちがいいですし、心から嬉しい気持ちになります。
リオオリンピックが始まるまでの自分が信じられないほどに今はどの選手にも頑張ってほしいと思いますし、メダルを期待しています。

浮気調査 静岡